TOPページ新着情報プリザーブド&ドライフラワーレッスンのご案内生花レッスンのご案内ショップフォト&ブライダルプロフィール世界紀行トップお問合せ

フランス ニュージーラン オーストラリア 中国 カナダ イギリス


 『カナダ、ESSAY,2』


私が何度もカナダを訪れる理由の一つは、
カナディアン・ロッキーに魅せられているからです。
カナディアン・ロッキーは、北米大陸を縦断する山脈群の中でも、最も美しく、
一年を通して白雪を抱く連峰と大氷河、そして何よりも、
この世のものとは思えないほど、美しく幻想的な青い氷河湖!
そして針葉樹に覆われた深い緑の森と、凄烈な流れの大小の川もあります。

山と湖と森と川が織りなす神秘の大自然の中には、野生動物が数多く生息し、
彼らの姿を森の中で見かけることも、よくありますし、
街道や平地には、それほど多くのお花が咲いているわけではありませんが、
ハイキングなどで奥に入っていくと、かわいい野生植物が、
ず〜っと見渡す限り咲いている場所もあって、
地球上に残されたダイナミックな景観を、最も身近に堪能できる場所なんです。
というのも、カナディアン・ロッキーは、特にバンフ国立公園などは、
人々が環境保護に注目し始めた頃と同時に、その歴史が始まったので、
まったく手垢のついていない大自然が、そのまま保護されてきたからでしょう。

また、カナディアン・ロッキーは、
その素晴らしい景観や自然が豊かでありながら、
一年を通じてのレクリエーションが楽しめることも、魅力の一つです。
アルバータ州の政治、商業、文化の中心地でもある
エドモントンやカルガリーでは、シティー・リゾートが満喫でき、
北部は、別名ウィルダネス(野生)とも言われる、荒々しい土地が広がり、
南部は、太古からの自然と文化の宝庫で、
先住民がバッファローを追って生活していた遺跡や恐竜公園などは、
ユネスコの世界遺産に登録されています。
アルバータ州のハートランドと呼ばれる中央部は、黄金の大平原があり、
どの地域もそれぞれに印象的な表情で、旅人を存分に楽しませてくれます。

<バンフ国立公園とジャスパー国立公園>

カナダの東の玄関口はトロント。そして、西の玄関口は、バンクーバーです。
カナディアン・ロッキーの観光拠点となるバンフには、
バンクーバー、トロントなどから
カルガリー国際空港を経由して入るのが一般的です。
バンフ国立公園は、1885年にカナダ最初の国立公園として指定されたのですが、
アメリカのイエロー・ストーン、オーストラリアのロイヤルに次いで、
世界で3番目に古い国立公園として知られています。
スキーリゾートとしても名高いバンフの街を中心に、
ルイーズ湖、モレーン湖、ペイト湖、ボウ湖、
エメラルド湖などの美しい湖や名峰が数多く存在し、
ジャスパー国立公園へ北上する途中には、
コロンビア大氷原、アサバスカ氷河があり、
ジャスパー国立公園には、ウイスラーや、マウント・エディスキャンベル、
マリーン湖などなど、紹介しきれないほどの見所がありますが、
今回は、その中でも、バンフを中心にご紹介しますね。

<バンフの街並>

19世紀末に温泉が発見され、さらに大陸横断鉄道が敷かれて以来、
バンフはカナディアン・ロッキー最大の観光拠点となり、
雄大な自然を満喫したり、トレッキングやゴルフなど、
アウトドアライフを楽しむ人々でにぎわってきました。
またバンフは、洗練された山岳リゾート地で、ギフトショップやレストランも多く、
街中をのんびり歩くだけでも、楽しい時間を過ごすことができるんですよ。
バンフの街は、「バンフ・アベニュー」を中心に、東西にまっすぐ、
大きな道が何本かあるので、比較的分かりやすい街並みだと思います。
バンフ・アベニューには、ガラス越しにチョコレートを作っている、
カラフルなチョコレート屋さんや、鉱石の専門店、クリスマスグッズ専門店、
ラブリーな布製品の店などなど、
こじんまりとした、けれども個性的で、素敵なお店がたくさんあります。
ここは高緯度のため、夏は夜の9時を過ぎても明るいので、
遅い時間まで、ショッピングが楽しめるのも、魅力的です。
そして、このバンフ・アベニューと交差する道路にはすべて、
Bear, Elk, Moose など、動物の名前がついているのも、
カナダらしくて、ユニークですよね。
この街をそぞろ歩きしていると、お花がいろいろな所に
植えてあるのを発見しますが、
それらがいかにもイギリス系の街だなぁと感じさせてくれて、
人口およそ5,000人という小さな街ですが、
温かみがあって、大好きな街の一つです。

<バンフ・スプリングスホテル>

バンフの街のはずれには、
ザ・フェアモント・バンフ・スプリングスホテルがあります。
このホテルは、石造りの重厚な外観で名高い高級ホテルで、
バンフでもシンボル的存在になっています。
まるで、森の中にポツンと建っているお城のようで、素敵なホテルなんですよ。
(ただし、お部屋はあまり広くはありませんでしたが・・・。)
「ロッキー山脈の美しさを世界中の人々に知ってもらいたい」と願い、
1888年にオープンした歴史あるホテルですが、
1928年に施設を充実させる大改装を開始し、ヨーロッパのお城に似せて、
1969年に再オープンしたのだそうです。
マリリン・モンロー主演の映画「帰らざる河」の舞台となった、ボウ滝も、
このホテルからは、遊歩道を下りて、歩いて行くことができます。

そして、このホテルから近くを流れる
ボウ川や野山を巡る、乗馬のコースがあったので、
さっそく誓約書にサインして、久しぶりに走ってみることにしました。
乗馬は習っていましたので、自信はあるのですが、
何しろ久しぶりの騎乗だったので、ドキドキです!
海外を訪れた際、乗馬する機会があれば、必ずトライしてきましたが、
このバンフ・スプリングスから出発するコースは、穏やかでありながら、
エキサイティングなコースもあり、一番楽しむことが出来ました。
光のシャワーが降り注ぐ森の中を、ゆっくり歩き、
平らな草原では、思いっきり馬を走らせます。
馬が葉や枝を踏む音、鳥の声、馬の鼻息、
そして時々聞こえるリーダーの声だけが聞こえ、
凛とした空気に包まれながら、まるで、絵画の住人にでもなったような、
不思議な時間を過ごすことができました。





ところが、ボウ川を馬に乗って渡る時のことです。川は、浅いけれど、流れは速そうだなと思った瞬間!
あら?!私の乗った馬が、嬉しくなったのか、急に走り出してしまいました!
「え〜っ?!」あまりに急だったので、私はびっくりして、落馬しそうになりましたが、
ここで落馬するのは、ちょっと危険です。
だって、ズブ濡れになった上に、泥まみれになりそうですから!
なので、かなり必死で体制を立て直しにかかり、無事、落馬せずに助かりましたが、
本当にエキサイティングなハプニングで、忘れられない思い出になりました。

いつだったか、バンフの近くにある、"サルファー・マウンテン"にも行きました。
バンフの南にそびえるサルファー・マウンテンは、
年間を通じてゴンドラが運行されているので、わずか8分で頂上まで行けて、
展望台からは、美しいバンフの町並と、雄大なロッキーの山々の大パノラマが、楽しめる場所です。
そしてこの山は、文字通り『イオウの山』で、周囲にはいくつかの温泉が出ており、
ゴンドラ乗り場の横には「アッパー・ホットスプリングス」という温泉があります。
そこに行ったのは、確か8月のことでしたが、頂上は雪が降っていて、しかも吹雪だったんですよ!
ということは、冬には、一体どんなことになるんでしょう?
みなさんも、頂上に行かれる時には、何か羽織るものを一枚、用意してくださいね。

麓の温泉は、周辺の温泉の中でも、最も規模が大きいそうで、水温はさほど高くなく、温水プールといった様子で、
カラフルな水着を着た人々がのんびりと過ごしていました。
ここが日本だったら、回りにお店がたくさん並び、温泉地として、
派手に演出するところでしょうが、そこはポツンと建物があるだけで、
何ともそっけない温泉地なのも、不思議な感じがしました。



さて次回は、いよいよ湖をご紹介します!









Copyright(C) GreenRose. All Rights Reserved.