TOPページ新着情報プリザーブド&ドライフラワーレッスンのご案内生花レッスンのご案内ショップフォト&ブライダルプロフィール世界紀行トップお問合せ

フランス ニュージーラン オーストラリア 中国 カナダ イギリス


 『カナダ、ESSAY,4』

前回に引き続き、カナダの美しい湖について、ご紹介していきます。
今回は「ジャスパー国立公園」と、「ヨーホー国立公園」にある湖と山々です。

〜ジャスパー国立公園〜

カナディアン・ロッキーの北のゲートシティであるジャスパーは、
街自体は小さく、見るべきものはあまりないのですが、
その周辺には、数え切れないほどの湖があって、見所も多い地域です。
またこの街は、穏やかで犯罪とは縁がなさそうな静かな街で、
バンフよりも、より自然に近づいた雰囲気で、空も澄み渡り、
山も美しく映えていました。

<マリーン・レイク>

ジャスパーから車で約1時間の所にある、マリーン・レイクは、
全長22キロ、幅が平均1キロ、深さが97メートルもある、
カナディアン・ロッキーで一番細長く、深い湖です。
6月から9月末までは、遊覧船も運航し、約1時間半のクルーズが楽しめます。
風に吹かれて湖上を進むと、太陽に照らされた湖面は、
光を反射しながら揺れ続け、適度な波の音がして、
山の方からは、小鳥のさえずりも聞こえます。
とても神秘的な湖なのに、やさしい安堵感を与えてくれるような時間が流れ、
心の底から癒されるようでした。

遊覧船の向かう先は、湖に浮かぶ『スピリット・アイランド』という小島です。
湖のほぼ中間点にある、この小島は、針葉樹のはえる中洲で、
言葉通り、『木の精霊が宿る島』と言った感じの神秘的な場所です。
ロッキーのガイドブックには、必ずこの場所の写真が掲載されているので、
おそらくご覧になった方も多いと思います。
遊覧船は、約15分ほど停泊し、あっという間に逆戻りしてしまうのですが、
湖水上とはまた違った、湖の色の変化を楽しめますし、
針葉樹と雄大な山並み、そしてエメラルド色の湖水のコンビネーションは、
想像以上に胸に迫る美しさで、忘れられない旅のワンシーンとなりました。

<マウント・エディスキャンベル>

「ジャスパー国立公園」にあるマウント・エディスキャンベルは、
標高3363メートル、垂直に切り立った姿が圧倒的で、
カナダの山の中でも、大変、男らしい山だと思います。
近くには、天使が羽を広げたような『エンジェル氷河』を望むことも出来ますし、
エディスキャベルでは、文句なしの最高の眺めも体験できるんですよ!
眼前にそびえる氷河の塊と、その雪解け水で形成される氷河湖、
そして、まわりの壁はなぜか緑色を帯びていて、自然が作り出したとはいえ、
何とも不思議な色のコンビネーションです。

ところで、この散歩コースを歩いていたら、何やら洞窟のようなのを見つけました。
何だろうと思って歩いていくと、板で作られた小さな看板があります。

「ここから先は、自分自身の責任において行動してください」

実は、そこは、氷河で出来た洞窟でした。
何と氷河が溶けていて、時々、ボトッと音を立てて、水の中に落ちるんです。
私は偶然、氷河が落ちる所を、目撃することが出来ました。
氷河が落ちるのを見るなんて、初めての体験です!
以前、ニュージーランドで、雪崩を目撃したことがあり、
その時の驚きほどではなかったですが、
少し青い色の氷の塊がくずれていくのを見るのは、
やはり、自然のもつ偉大な力に畏れを感じる光景でした。

小さな洞窟に近づいていくと、どこからともなく、
「ゴ・ゴ・ゴ・・・」という、氷河のきしむ音が聞こえてきます。
中を覗くと、洞窟の向こう側には光がこぼれていて、貫通しているようです。
入口から出口まで、おそらく30秒ほどなのですが、
いつ氷河がくずれ落ちてくるか分からないので、ドキドキものです。
日本だったら、ゼッタイ『立入禁止』になるはずですよね!
私は、もちろん、入りませんでした。
だって、いつくずれ落ちるか分からないし、ちょうど夏の盛りでしたので、
どんどんくずれていたんですもの・・・。
でも、氷河の様子は、しっかり間近で見てきましたよ。
氷河の氷って、青っぽいんです。
土がついているので、近くで見ると汚れているのですが、
氷自体は、とても美しかったです。






<マウント・ウィスラー>

マウント・ウィスラーは、標高2464メートルの山で、ジャスパー・トラムウェイに乗って、
高さ約2300メートルの展望台へ行けます。
ここから、北にアサバスカ渓谷、西にイエローヘッド、ジャスパーの町並みが、
そして晴れた日には、80キロ先のマウント・ロブソンや、コロンビア大氷原まで見えるそうです。

私は、ここウィスラーには、夏に訪れました。残念なことに、私が何度も何度も、カナダを訪れた中で、
一番、感動の薄かった場所が、ここなんです・・・。
まず、スケールの大きな湖がないことが、その理由の一つでしょうか。
開発のされ方も中途半端で、アクティビティーがたくさんあったのですが、
日本でいえば軽井沢に似ており、街としてはきれいなのですが
私がカナダに求める、山や湖のダイナミックな大自然の迫力としては、ちょっと不足気味かな?といった感じです。
しかしこの山は、冬のスキー場としては、大変有名なんですよね。
2010年の冬季オリンピックでは、ここウィスラーで、スキー競技が実施されるのだそうですから、
雪の季節には、山の表情も変わり、ぐんとステキになるのかもしれません。
次回はぜひ、冬に訪れてチェックしてみたい所です。


〜ヨーホー国立公園〜

この国立公園は、バンフ、ジャスパーの両国立公園ほど、
観光地化されていないので地味な印象ですが、見所のたくさんある地域です。
ヨーホーの語源は、先住民族クリー族の『驚き・畏怖』を表す言葉で、
その言葉通り、切り立った鋭い峰を持つ山々や、豪快に流れ落ちるタカカウ滝など、
壮大なスケールの大自然が、堪能できる地域です。


<エメラルド湖>

ヨーホー国立公園最大の湖で、展望が開けた湖畔のトレイルが整備されていて、湖を一周することができます。
名前の通り、エメラルド色をしたこの湖の背後には、マイケル・ピークがそびえ、
湖水の色が周囲の針葉樹林の森を映し、本当に幻想的で、静かで優しい美しさをたたえた湖で、
じっと見つめていると、す〜っと吸い込まれそうになります。

この湖の色は、同じエメラルド系の色でも、モレーン湖や、ルイーズ湖とは、まったく異なる色なんですよ。
ロッキーの湖は、氷河の溶け出した水で出来上がっているため、
電子を帯びた粒子が水中に浮遊しており、それが光の反射をさえぎって、独特の色合いを見せてくれるそうなんです。
それにしても、トルコブルー、エメラルドブルー、エメラルドグリーンと、
湖面の色は湖によって異なりますし、天候によっても、また時間帯によっても、
刻々と変わっていくので、眺めていて飽きるということがありません。

ここ、エメラルド湖では、早朝、まだ観光客もなく、風もない静かな時にたたずむと、
湖面が、まるで鏡のように、湖畔に広がる全ての景色を反射して、
それはそれは、幻想的な風景を眺めることが出来ます。
もし、この湖を訪れることがありましたら、朝一番に行かれることを、おすすめします。










Copyright(C) GreenRose. All Rights Reserved.