TOPページ新着情報プリザーブド&ドライフラワーレッスンのご案内生花レッスンのご案内ショップフォト&ブライダルプロフィール世界紀行トップお問合せ

フランス ニュージーラン オーストラリア 中国 カナダ イギリス


 『カナダ、ESSAY,5』

今回のカナダ紀行は、コロンビア大平原と、
パーカー尾根でのハイキングについて、ご紹介いたします。


<コロンビア大平原>

バンフ国立公園から、ジャスパー国立公園に向かう途中にある、
コロンビア大平原は、360度、見渡す限り地平線、といった感じの大平原です。
その大平原の向こうには、コロンビア山などの山々があり、
そこからコロンビア・アイスフィールドという、大氷原が広がっています。
その大氷原とは、3745メートルのコロンビア山と、
その周辺の峰々との間に降り積もった雪が、解けることなく堆積され、
その底の部分から、長い時間をかけて氷となったもので、
現在では、厚さ数百メートルの氷が、325平方キロに渡って広がっているのです。
しかし、1万年程前までの氷河期の頃、北米大陸を覆っていた氷河も、
現在は、この地域の高山地帯でしか見られないのだそうです。

コロンビア大平原に行くために乗る、
雪上車(スノー・コーチ)の発着場所の近くには、
休憩場として使われている、赤い屋根の建物があります。
その建物は、遠くから見ると、白い大平原を背景に浮かぶ、小さなお花のようで、
とてもかわいらしいんですよ。
氷しかないような大平原ですが、開放的な景色がとても素晴らしいので、
もう何度も訪れているのですが、やはり快晴の時が最高です。
まず、20〜30人乗りの雪上車に乗車します。
以前は、タイヤ部分に当たる所に、キャタピラが付いていましたが、
今は、大きく溝のある太いタイヤを使っています。

観光客を乗せ、横に氷河を見ながら出発し、20〜30分、
揺れながら登っていくと、かなり広く平らな場所に到着します。
その向こうには、男性的な山々がそびえ、氷河がはっきり見えてきました。
そこで雪上車から降りて、氷河の上を歩くことになるのですが、
その辺りの氷の厚さは、約300メートル。
氷河が1年間に移動する距離が、平均20メートルほどだとすると、
私が立っているこの部分は、アサバスカ氷河が流れ出している地点から、
3.5kmぐらい下流なので、この足の下の氷というのは、流れ始めてから、
約175年も経っている氷、という計算になります。
でも、そもそも、この氷がコロンビア大氷原で誕生してからと考えると、
もう数万年の年月が流れているわけで、
気の遠くなるような時間を背負った氷の上に、
私は立っているんだと思うだけで、とても神妙な気分になりました。

そこは辺り一面、"白"一色の世界なのですが、太陽の光も反射しているので、
眼を普通に開けていることが、危険だと思うぐらいのまぶしさです。
そして、表面に積もった5センチほどの雪を掻き分けると、
下の氷を見ることが出来るのですが、
その氷の色は、透き通るようなブルーで、ところどころにある割れ目からも、
同じブルーの水が、しみ出していました。
その水の色の、何と幻想的なことでしょう!
この世のものとは思えない、神秘的な色をたたえているのです。
その氷河を砕いて、お酒を飲んでいる人がいましたが、
きっと格別な味なんでしょうね。

そこから少し先に歩いていくと、氷河の塊がありました。
そこで上を見上げると、「白い世界」の上には、真っ青な空があり、
向こうの雪を抱いた山からは、蒸気が出ているのが見えました。
その雄々しい光景を目の前にしたら、
数万年という、長い長い時間と、この大地をおおっている大気とが混ざりあい、
一気に私の中にも流れ込んで、一つになっていくようで、
しばらく呆然と、立ちつくしてしまいました。








<パーカー尾根ハイキング>
コロンビア大氷原のすぐそばには、パーカー尾根があるので、ちょっとしたハイキングをすることにしました。
コロンビア大氷原の入り口を過ぎたところからが、ハイキングの入り口で、わずか往復5キロで、高低差も180メートル、
片道約1時間ほどの軽いハイキングです。
しかも、カナディアン・ロッキーの大自然を、直接体験出来るので、とても人気の高いコースなんですよ。

まず、道標に沿って山道をジグザグに登っていくのですが、
山道といっても、スプールスなど、木々の背丈が2〜3メートル位しかないので、
見晴らしは素晴らしく、ちょっと登っただけで、すぐに眺望も開けてきます。
というのも、登山道そのものが、森林限界近くから始まっているからなんです。
この当たりの植物は、氷河から吹き降ろす冷たい風など、
とても厳しい環境にさらされているので、種類も限られるし、また成長も遅いのですね。
道の両側には、日本では見かけたことのない、高山植物が咲いていて、
中でも、苔のように岩に貼り付いて咲いているピンクの可憐なお花、モスキャンピオンを見ることが多かったのですが、
このお花は、10年で10センチしか育たないのだそうです。
本当に厳しい大地なんですね。


登山道はアサバスカ山やブラッセスを反対側から見ながらの、快適な尾根歩きですが、
500メートルほど歩いていくと、まもなく木の育たない高山帯になります。
そして、山頂まで行くと、そこには想像もしなかったような、神々しい山々が、待ちうけていました!
それは、少し白い雪を抱いた男性的な山々の、まさに大パノラマです!
その時目にした雄大な風景と、肌に突き刺すような澄み切った空気の感触は、何年たっても、忘れることができません。

それにしても、この時ご一緒した、グループのみなさんの、歩き方の速いこと、速いこと!
若い私が、一番歩くのが遅くて、皆さんにはご迷惑をおかけしてしまいました。
普段から、あまり歩いてないせいですね。ごめんなさい。
軽いハイキングだからと、挑戦したコースでしたが、私にとっては、ちょっとだけ大変でした。
でも、素晴らしい山々の姿と、かわいらしいお花たちに励まされながら、
黙々と歩き、頂上に着いた時の爽快感や達成感は、何者にも代え難い体験でした。
皆さんも、ぜひチャレンジして、ご自分の足で、カナダの雄大な大自然を体験してみてくださいね。




次回は、パーカー尾根よりも、さらに高度の低い場所でのハイキングについてです。











Copyright(C) GreenRose. All Rights Reserved.