TOPページ新着情報プリザーブド&ドライフラワーレッスンのご案内生花レッスンのご案内ショップフォト&ブライダルプロフィール世界紀行トップお問合せ

フランス ニュージーラン オーストラリア 中国 カナダ イギリス


 『カナダ、ESSAY,6』


さて、今回は、前回ご紹介したパーカー尾根よりも、
さらに高度の低い場所でのハイキングを、2カ所ご紹介いたします。

<モレーン湖近くのハイキング>

モレーン湖は、テンピークスの峰々に囲まれた、青緑色の湖で、
その景色が、旧20ドル紙幣の図案に使われていたことからも分かるように、
カナダの大自然を代表する、美しい湖で、私も大好きな場所です。
私はモレーン湖近くのホテルに宿泊していたので、ホテルでお弁当を作ってもらい、
朝早い時間に、ハイキングに出発することが出来ました。

観光地で有名なモレーン湖は、お昼近くになると、観光客でいっぱいになりますが、
早朝のモレーン湖には、まだ人影もなく、静まりかえっていて、
鳥の声だけが湖面を滑り、空気も凛として、本当に爽やかな気分になれます。
この湖の"ブルーグリーン"の深い、神秘的でいながら、鮮やかな色は、
何度見ても、心が震えるほど、感動的です。
特に晴れた日は、湖を囲む岩壁、テン・ピークスの美しく雄々しい山肌の色との
コントラストが際だち、格別な美しさを目にすることが出来ます。
静かな湖面を覗くと、自分の姿が、鏡のように映っていて、
またすべての音を、湖が吸収してしまったかのような静寂にも包まれ、
すがすがしい気持ちのまま、いよいよ出発です!

ハイキング・コースは、湖のすぐそばの小道を入って、
どんどん山を登っていきます。
木が生い茂った山道を、テンポよく登っていくと、
木々の間から、モレーン湖が時折見え、その湖の色と、回りの濃い緑、
頭上には、透き通るような青空に囲まれ、気持ちよく登っていけます。
かなりのペースで、カラマツに囲まれた緩やかなトレールを抜けていくと、
約1時間半ほどで、頂上の平らな場所に到着しました。
そこは、3000メートル級の山々に囲まれる広々とした場所で、
目の前には氷河をまとったテンピークスが、その雄姿を現し、絶景です!
この素敵な光景も、午後には逆光になってしまうので、
午前中の出発が、おすすめです。

一緒に歩いたグループのみなさんは、そこからまだ40分ほど歩いて、
さらに上を目指すのですが、私はすっかり疲れてしまったので、
一人で、その平らな場所で、のんびり過ごすことにしました。

そこには、背の高い木はほとんどなく、小さな湖があるだけでしたが、
回りの山々が、優しく笑ってくれているような、優しい雰囲気に満ちていました。
少しくつろいだ後、時間をもてあましたので、回りをフラフラ歩いていたら、
何かが目の前をよぎるのに気づきました。
何と、雷鳥の親子です!
プックリ太った薄茶の親に、小さな子供が、ヒョコヒョコ後をついて歩く姿の、
何と愛くるしいことでしょう!
彼らは、私に気づいても、まったく逃げないのには、驚きました。
それどころか、近寄ってくるではありませんかっ!きゃ〜、かわいいっ!
そんな風にしばらく雷鳥と遊んだ後、やっとグループの皆さんが戻ってきたので、
かわいい雷鳥の親子とは、ここでサヨナラして、すぐ下山です。




頭では分かっているのですが、山は、"下り"の方が大変なんです。
慣れてないせいもあって、足はガクガク、膝が笑ってしまいました。
でもこのコースは、往復4〜5時間ぐらいの穏やかなコースで、
体力をそれほど必要とはせずに、心地よい汗をかくことが出来るし、
しかも雷鳥に出会えたという、ラッキーなハイキングとなりました。






<花畑いっぱいのハイキング>

次は、バンフから車で約20分の距離にある、「サンシャイン・ビレッジ・スキー場」から歩くコースに挑戦しました。
メドウ(お花畑)や湖畔を歩き、マウント・アシニボインを遠くに眺めながら
歩くことの出来る、約5時間ほどのハイキング・コースです。
特に、高山植物が咲き乱れるお花畑は有名で、7月から8月にかけては、ウエスタン・アネモネや
バターカップス(キンポウゲの仲間)、フリーベン(アズマギク)やカタクリの群落が見事で、人気のあるコースなんですよ。

アップダウンの少ないコースですが、約5時間、往復20キロほど歩きます。
しかし、参加したグループには、ご年配の方もいらっしゃったので、『あの方、大丈夫かしら?』なんて思ったりしたのですが、
とんでもない!いざ歩いてみたら、私の方が、問題でした・・・!
そのご年輩の方は、ハイキングに慣れていらっしゃるようで、下りの時だけ、少し大変なご様子でしたが、
そのグループで一番遅れてしまったのは、実は、私だったのです!
ハイキングは大好きなのですが、日本では、ほとんど歩くことがなかったので、
いざ歩くとなったら、またまた、少しだけ迷惑をかけてしまいました・・・ごめんなさい。

このコースは、アップダウンは確かに少ないのですが、とにかく歩くのです。
森の中を、どんどん、どんどん、奥へ、奥へと進んで行きます。
森林浴をしながらのこのコースは、カナダらしい針葉樹林の森を体験出来、
身体の細胞がリフレッシュされていくような、ハイキングでした。

途中、熊の爪跡(それもまだ、あまり時間が経っていません!)を目撃しました。
それは、木や土を、荒々しくめくったような爪跡で、その迫力には、びっくりしました。
すぐ近くに熊がいるんだと思うと、やはり"恐怖"を感じ、背筋がぞっとしました!

それでも、ヒーリークリーク沿いの樹林の中の道を、
少しずつ急になっていく山道を歩いていくと、だんだん視界が開けてきて、
突然、目の前全面に、黄色いグレイシャー・リリーという、
日本のカタクリの仲間の群生地が広がっているのが、飛び込んできました!
この黄色い絨毯が、ヒーリー・パスのすそまで、見渡す限り広がっているのです!

よく見ると、黄色の中に赤やピンク、白のお花も混じっていました。
恐らく、赤やピンクのお花は、インディアン・ペイントブラッシや、ウエスタン・アネモネ、グローブ・フラワーだったと思います。
とにかく辺り一面、カーペットを敷き詰めたように、いろいろなお花で埋めつくされていて、まるで、映画の1シーンのようです。
しかも、その風景の中にいるのは、私達グループの7〜8人だけ・・・。

そんな夢のようにステキな光景に遭遇したというのに、
実は、歩き疲れてしまったので、余裕をもって楽しむことが出来ませんでした。
森林限界ぎりぎりの高山帯で目にする植物は、厳しい寒さと乾燥に耐える可憐なお花が多いので、
カナディアン・ロッキーの繊細な花々を、十分堪能するつもりで、楽しみにここまで歩いてきたのに・・・。
私は、あまりに疲れ果ててしまい、お花の種類や、その他いろいろなことを考える余裕もほとんどなく、
本当に残念なことをしました・・・。

この日、バンクーバーに戻ってから、ディナー・クルーズを予約していたのですが、
この食事中に、何と寝てしまったのです。それも、ナイフとフォークを持ったまま!ちょっとお行儀が悪いですよねぇ。
でも私の人生の中で、2番目ぐらいに、ものすごく眠かったんです。
この次、ハイキングに挑戦する時は、ちゃんと日本で体力作りをして、準備をしてから臨もうと思います!
ハイキングは、直接自然を体感できるので、とっても楽しく、やめられそうにありませんもの。













Copyright(C) GreenRose. All Rights Reserved.