TOPページ新着情報プリザーブド&ドライフラワーレッスンのご案内生花レッスンのご案内ショップフォト&ブライダルプロフィール世界紀行トップお問合せ

フランス ニュージーランド オーストラリア 中国 カナダ イギリス


ESSAY,4
『オルセー美術館』



今日は、美術館に出かける予定です。
パリには美術館がたくさんありますが、中でも、
印象派絵画の全盛期の作品が、数多く展示されている、
「オルセー美術館」に行くことは、最初から決めていました。
今日も朝から天気もよく、ホテルから歩いて、
オルセー美術館を目指します。


ルーヴル美術館の横を通り過ぎ、セーヌ川を渡ると、
たくさんの人が、オルセー美術館の前にいました。
様々な国籍の人が集まっている様子は、国際都市パリならでは、ですね。
それにしても、ちょっと人が多いような気もします。
とにかく、チケット売り場はどこかしら?と、探したら、
あらら?窓口が閉まっているじゃないですか!
そして何か書いてあります。えっ?Free?
そう、この日は第一日曜日で、入場料は無料だったのです。

パリの美術館のほとんどは、一度チケットを購入したら、
同日内であれば、何度でも出入りできますし、
月に何日か、無料になったり、半額になったりする日があるのです。
日本の美術館では、考えられないサービスですよね。
これも、国を上げて芸術を支えているからでしょう。
さすが芸術の都、パリ!

無料の日は、いつもより、ちょっと混みます。
そして、家族連れを多く見かけます。
一枚の絵の前で、お父さんと、中学生ぐらいのお嬢さんが、
仲良く、けれども真剣に討論していたりするのを見かけると、
生活の中に、ごく自然に芸術が溶け込んでいるようで、
ちょっと羨ましいような気持ちになります。

さて、ここオルセー美術館は、所蔵点数では、
30万点を超えるというルーヴル美術館には及ばないものの、
人気では、それをしのぐと言われています。
そしてオルセーは、建物でも有名な美術館なんですよ。
というのも、パリの美術館は、ユニークな建物が多く、
例えば、ルーヴルはもともとは宮殿ですし、ピカソ美術館は、
フランス革命以前、17世紀からあった貴族の館です。
そして、ここオルセーは、何と駅だったのです。

1900年、パリ万博のために、オルレアン鉄道の終着駅として、
建造されたのですが、運営の困難などから、39年でその務めを終え、
1986年に、美術館として復活しました。
大きなドーム型の丸天井は、ガラスと鉄骨でできており、
それを支える両壁のたたずまいが、近代らしい壮大さと優雅さに満ちていて、
当時から、宮殿の風格があると言われていたそうです。
建物もすばらしいですが、もちろん所蔵品も逸品揃いです。
特に、印象派時代のコレクションは充実していて、
1848年から1900年代初頭にかけての作品が、
地上階、上階、中階の順に、年代を追って展示されています。

まずは、地上階から見ていくことにしましょう。
ミレーの有名な絵画「晩鐘」が、左手奥にありました。
日本でも、何度も紹介されている絵ですが、
農民がその日の仕事を終え、静かに頭を垂れている姿は、
やはり何度見ても、敬虔な気持ちにさせてくれます。
暗い色調が、日々のつましい暮らしを、静かに伝えている作品ですが、
実は、それまでの絵画に、農民が主題として、
描かれることはありませんでした。
ですからこの絵のように、普通の暮らしを描写し、
人としての営みのすばらしさを見出そうとしたことは、
当時としては、画期的なことだったのです。

もう一枚、この時代に革命を起こしたのが、マネです。
「オランピア」などの女性の裸体は、それまでの伝統的な宗教画のような、
理想像としての女性ではなく、生身の肉体を持った女性が描かれていて、
当時は、あまりのリアルさに、一大スキャンダルを巻き起こしたそうです。
ルーヴル美術館で、古典をしっかり見てきてから、この絵の前に立つと、
確かに、ちょっと生々しい感じがするかもしれません。
でも、こうして等身大の人間を描くことが、
近代を動かしていく一つのエネルギーとなって、
新しい時代の扉を開けることになったのですね。
確かに、そうした緊張感が、みなぎっています。

さて、上階に上がると、そこはモネ、ルノワール、ドガ、ゴッホ、
セザンヌと、印象派の作品を一気に見ることができます。
ここで一度きちんと見ておきたかった作品は、
ルノワールの「ムーラン・ド・ラ・ギャレット」です。
"色彩の魔術師"と呼ばれたルノワールですが、キャンバス上には、
黒い色が、かなり多様されているのに驚きました。
印象派の画家たちは、光を再現することに力を注いでいたはずですから、
黒を基調にすることなど、ないように思っていたのです。
けれども、そのバリエーションが豊富で、絵が暗くなるどころか、
かえって華やかな雰囲気にあふれていて、本当に不思議でした。
ルノワールは、木漏れ日が落ちるような描写でも有名ですが、
白のバリエーションにしても、実に様々とあって、
色彩について、また一つ勉強になりました。

さて、中階では、ぜひ見ておきたかった、
アール・ヌーボーの家具のコレクションと、ガレのガラス器があります。
優美な曲線が生み出す作品の数々に、思わずうっとりする一時です。
こうして、オルセーを一巡りすると、
人の暮らしの中心に、芸術を据えるだけでなく、
生活空間そのものに、芸術を持ち込む意気込みが、
この時代には、あふれていたということが、強く伝わってきます。
私は、作品をつくる上で、単にステキな作品を生み出すだけでなく、
日常の空間を、豊かに彩ることや、エレガントな時間が流れることを、
常に考えながら、制作しているので、
本当にいい刺激を受けることができました。

すべての作品を、一つ一つゆっくり見たいのですが、
それでは、何日もかかってしまいそうです。
今日は、お目当ての作品だけと、じっくり出会うことができたので、
その他の作品は、次回、またここに来た時のためにとっておこうと、
後ろ髪を引かれるような思いで、オルセーを後にしました。















Copyright(C) GreenRose. All Rights Reserved.