TOPページ新着情報プリザーブド&ドライフラワーレッスンのご案内生花レッスンのご案内ショップフォト&ブライダルプロフィール世界紀行トップお問合せ

フランス ニュージーランド オーストラリア 中国 カナダ イギリス


ESSAY,6
『モネの庭』



今回のパリ旅行も、いよいよ終わりに近づきました。
最後に、ずっと訪れたいと思っていた、
クロード・モネが晩年を過ごしたという家に、向かうことにしました。

朝早くホテルを出て、サン・ラザール駅から、
ルーアン行きの列車に乗り込みます。
セーヌ川沿いを走る列車から、外を眺めていると、
少し郊外へ向かうだけで、どんどん緑が多くなり、
とうもろこし畑や麦畑など、のどかな風景に変化していきます。
パリから約一時間、ヴェルノン駅で下車し、
さらに20分ほど、タクシーで、ジヴェルニーに向かいました。
両脇に大きな樹が並ぶ並木道を、ずっと走っていると、
家もまばらになっていきます。

すっかり緑が多くなった所で、車は停まり、
そこから「モネの家」まで、小道を7〜8分ほど歩きました。
そのあたりの田園風景に、モネがすっかり魅了されたというジヴェルニーは、
小高い丘を背に、田舎の素朴な風景が広がる、それは美しい場所でした。
むせるような草の香り、古い石造りの民家、
お散歩気分でのんびり歩くと、いよいよモネの家が見えてきます。


二階建ての細長い母屋は、ピンク色の壁で、緑色の鎧窓があり、
壁面にからまるツタや、回りにある緑の中で、
ひときわ明るく、柔らかい印象を与えています。
その家を中心につくられた庭は、想像以上に広く、また本当に見事でした。
庭は二つあって、一つは、家を中心にした「花の庭」で、
面積は1万2000平方メートルもあります。
もう一つは、道路をはさんで向こう側にある「池の庭」。
そこは、モネの晩年の傑作『睡蓮』が生まれた庭で、
面積8000平方メートルの広さがあります。

モネがジヴェルニーに移り住んだのは、1883年、43歳の時です。
彼の絵のコレクターの突然の破産や、妻の死などで、絶望しかけていた彼が、
偶然、汽車の窓から見かけたこの美しい町に引っ越した頃、
彼はまだ貧しかったので、大規模な庭をつくる構想などなく、
野菜を植え、家族の慰めになるようにと、花を植えたのだそうです。
そして、画家としての成功をおさめていった以降は、
絵のモチーフを、自然の中に探しに出かけるのではなく、
自分の庭の中に、自然を出現させ、それを描くことに情熱を注ぎ出したそうです。
その庭づくりには、絵を描く以上に夢中になったそうで、
『絵を描くのも、庭をつくる資金づくりだった』、と語っているほどなんですよ。

まず「花の庭」でいちばん目立つのは、やはり、バラのアーチでしょう。
家の正面に続く、バラのアーチのトンネルは、
うすいピンクのオールドローズ系のバラで飾られ、
フランスの抜けるような青い空とのコントラストが、とても素敵です!
広い庭には、他にもたくさんの種類のお花が咲いているのですが、
やはりピンクのバラが、いちばん多かったような気がします。
壁のピンクと、バラのピンクは、たくさんの色があふれるこの庭に、
調和と統一感を与えているようでした。

バラの他には、野性の植物や、外国から取り寄せた珍しい花が咲き、
白い可憐な花と濃い紫の花、黄色や赤など、様々な色の組み合わせがあり、
また、花の形や高さ、葉の形や微妙な緑色の違いまで、
しっかり計算されているかのように、配置されています。
でも、その一方で、強い色同士を組み合わせたりするなど、
遊び心もいっぱいで、まるで色のパレットが、そこに置いてあるような、
自由な感覚に、胸が躍りました。

同じ種類の花でも、早咲きのものと遅咲きのものを、
ちゃんと組み合わせて植えられているそうで、
常に成長し、変化し続ける庭として、また季節によっても表情を変えるようにと、
工夫はすみずみまで行き届いているそうです。
そうそう、オレンジ色やブロンズ色の花は、夕日が沈む時の空の色を考えて、
わざわざ西側に植えられているそうです。
もう、ここまでくると、モネの色に対する執念を感じますよね。

それにしても、この庭の美しさは、どこからくるのでしょう。
今はやりのガーデニングとも違うし、自然を単純に再生するためでもなく、
光とか、風とか、自然の神秘そのものを、
この庭につくり出したかったのではないかしら、
ある意味、ここが彼の理想郷だったのではないかしら?
色とりどりのお花に囲まれて、散策するわたしの心も、
すっかり、モネの描く幸福の色に染まったようで、
ふわふわと舞い上がりそうな気持のまま、
地下道を通って、道路の向こうにある「池の庭」に進みました。



さて「池の庭」は、さっきとはまったく趣の異なる庭が広がっています。
しだれ柳や、藤、竹、ブナなど、日本から取り寄せたものもあるし、
何より、池の中心にかけられた橋が、浮世絵からヒントを得てつくったと言われる、
太鼓橋になっているからでしょうか。
とても、東洋的な雰囲気が漂っています。


水には透明度はなく、どんよりと深い緑色をしているのですが、
丸く広がるように植えられた睡蓮と、そして地上にある緑や花、
空に浮かぶ雲の影も、鏡のように水面に映し出され、
風が吹くと、光とともに、万華鏡のように、色がいっせいに揺れ動きます。
それはもう、色の精霊が舞い踊っているような雰囲気で、
うっとりと、しばらく水面を眺めてしまいました。

最後に、リビング・ルームとキッチンなどが再現されているという、
家の中を見学しました。
すぐに目につくのが、壁にところ狭しと飾られている、木版画の数々です。
モネが、庭づくりの次に熱中したのが、日本の木版画の収集だそうで、
狩野派、尾形光琳、葛飾北斎を始め、
木版画が、350枚以上もあるそうです。
そうした日本の版画から、構図や視点、テクニックに新鮮なものを見出し、
またインスピレーションを得たのでしょう。
そうそう、その一枚をヒントに、「池の庭」に太鼓橋をかけたんでしたっけ。
モネが日本びいきだなんて、何だかうれしくなってきます。


お花が好きで、この道に入った私ですが、
ここに来て、改めて花の色の美しさ、豊かさに感激し、
また季節の光や、風や、色の組み合わせなど自然の力に加え、
花に対する情熱をプラスすることで、作品がより豊かになることを学びました。
モネが庭をつくり、それを描いたように、
私自身の幸福や、理想を、お花を通してつくりたい、伝えたい、
もっともっと、花にかかわることの喜びを味わいたいと、強く思いました。
その感動を胸に、もう一度パリに戻って、
彼の晩年の傑作と言われている、
「睡蓮」のシリーズを、最後に見ることにしました。



現在、それは、パリのオランジュリー美術館の地下、
「睡蓮の間」で見ることができます。
そこには楕円形の二つの大広間の壁面に、
ジヴェルニーの睡蓮だけが、飾られています。
高さ2メートル、長さ6メートルの絵を前に、
中央に置いてある円形の椅子に座って眺めていると、
その幽玄な世界に、声もなく、ただ見入ってしまうばかりでした。

そこには、モネがつくりあげた池が再現されているというより、
自然の奥底に眠る、花や風や光の生命力そのものが、
ゆるやかに、けれども力強く息づき、
向こうの世界に誘い込むような、不思議なエネルギーに満ちているのです。
もう何の言葉もなく、ただ深い満足感に包まれて、
オランジュリーを後にし、旅を終えました。

今回の旅行は、フラワー・アレンジメントそのものを学ぶというより、
お花の周辺や、パリのアートを、様々な角度から見る旅となりました。
そして最後に、モネの庭や絵からあふれる情熱に触れ、
自分の仕事に対する考え方や、お花に対する姿勢を、
もう一度、自分に問いかける時間を持てたように思います。
この感動を、私の作品として表現し、お花のすばらしさを、
みなさんと分かち合うことができたら・・・。
今日もそう願いながら、お花に向き合う私です。














Copyright(C) GreenRose. All Rights Reserved.